カフェができるまで[6]【ピアノ】

さて、融資も書類がそろえば振り込みされる、という状態になり、あとはカフェの中身の計画をしっかり詰めていかなくてはいけないところです。

ピアノはグランドかアップライトか迷いました。

7年程前になるでしょうか、京都の二条駅近くで演奏会場を運営していました。その際に演奏者から「グランドピアノですか」と確認されることが多く、アップライトではお客さんに背を向けてしまいますし、音的にも、そしてタッチの点でも、他の演奏者との目線の合わせ方など、どれをとってもグランドのほうがいいな、とは思っていました。

そのようなこともあり、気持ちは95%グランド、5%はアップライトぐらいの感覚で傾いておりました。

関東在住のそろばん教室関連の知人から「家にグランドがあるけれど使っていないのよ」という話を聞いて、お宅にお邪魔したときに、実際そのピアノを触らせてもらいました。

でも楽器ってただの持ち物じゃなくて、思い出とか、いろいろ詰まっているから、「使わない=手放す」ではないので、たぶんその方からピアノをお譲りいただくのは厳しいだろうな、と思っておりました。

無理に譲ってもらってぎくしゃくとした関係にもなりたくないので、並行して知り合いのピアノ屋さんにも、いいピアノがないか相談をしたりもしていました。

ところが、お話ししているうちに譲ってもいいよ、というお返事をいただき、カフェの一番の売り(グランドピアノが演奏できるカフェ)が決定したのでした。

無事グランドが入れられる導線があるかどうか、以前からお願いしている(少し値段は高いけど腕は安心できる)ピアノ運搬会社に連絡をして、見積もると13万+アルファとの返事。

予定では10万以内で運送できたら、、と思っていただけに高いけれど、やっぱり人から譲っていただくピアノでもあるので、高くても一番信頼できるところにお願いすることにしました。

想定外に運搬に日数がかかるとのことで(10日間)、OPENぎりぎりに搬入となりそうです。